八尾徳洲会総合病院,糖尿病,腐る,足,静脈,動脈硬化,壊死,潰瘍について
2015年12月7日更新
床ずれ,壊死,潰瘍

治らない,病院,糖尿病


潰瘍

潰瘍に関する情報はこちら

詳しくはこちら

糖尿病

糖尿病に関する情報はこちら

詳しくはこちら

壊死・足の疾患

壊死・足の疾患に関してはこちら

詳しくはこちら

  • 八尾徳洲会総合病院 糖尿病 足 予防


    足に傷がある時は、血流がいい場合、デブリードメントが治癒の助けになることが良くあります。
    しかし、デブリードメントが必要か、必要でないかは、医師の慎重な診断がまず必要です。
    デブリードメントの必要性

     

    もしあなたが糖尿病若しくは循環器の疾患をお持ちなら、下肢や足に潰瘍と呼ばれる創傷ができる可能性があり、この傷を治すのには長い時間がかかります。ですから下肢や足にどんなに小さくとも傷や赤い斑点を見つけた時はすぐに医師の診察を受けることが大切です。その内消えるだろうとほおって置くと手遅れになる可能があります。
    このような創傷の適切な治癒には特別な手当てが必要となり、そのひとつにデブリードメントがあります。
    デブリードメントとは?
    デブリードメントは創傷の外科的掃除です。
    通常始めに創傷がある部
    分に外用の麻酔薬をガー
    ゼや綿棒を使用してつけ
    ます。
    そして殺菌したメスなど
    で壊死組織や不良組織を丁寧に取り除くのです。
    何故デブリードメントが必要なの?
    デブリードメントは創傷を治癒させる過程において非常に大切な治療のひとつです。医師はデブリードメントで壊死・不良組織を掃除しながら創傷内の状態を確認できますし、壊死組織とそこに存在するばい菌を除去することによって、感染も予防できるのです。
    又、デブリードメントで創傷を刺激することが治癒に役立つ大切な組織の生成を助けます。
    デブリードメントは痛い?
    もしあなたが糖尿病をお持ちの場合、神経障害により、足の感覚が無いかもしれません。その場合は通常デブリードメント中の痛みは無いか、あっても少しのものです。それ以外の方にデブリードメントのひん度は?
    担当医がデブリードメントのひん度を決めますが、創傷が治癒し始めるまで週に1度の実施が必要なこともあります。
    デブリードメント後の傷はどんな様子?
    デブリードメントの後は施術前より傷が大きくなったように見えます。が、これはあくまで表面上の「氷山の一角」であり、創傷の全体像は表面で見えるものよりもっと大きなものなのです。そして創傷の中の壊死・不良組織を全て除去するという作業は必要不可欠です。
    デブリードメント後に傷が大きく見えても、これは普通の事ですので心配しないで下さい。この大きく見える傷がもともとのサイズだったのです。それまでは壊死・不良組織に覆われていて見えなかっただけなのです。
    デブリードメントはあなたの創傷を治癒させる為の非常に大切な治療です。
    デブリードメントについて他に質問などがございましたら、どんなことでも結構ですので、担当医にご相談ください。

     

    末梢血管障害とは?
    末梢血管障害とは下肢の血管にプラークと呼ばれるこぶができ、血管が詰まってしまったり、血管が細くなってしまうことです。プラークがたまってくると血管が硬く、狭くなります。これはアテローム性動脈硬化症と呼ばれています。この結果、下肢への血流が減ります。
    血管障害は下肢に起こることが多いですが、ほかの場所でも起こります。 大動脈へ繋がる血管、脳に繋がる血管、腕に繋がる血管、腎臓に繋がる血管、腹部に繋がる血管などです。心臓の血管が硬くなり、細くなった場合は冠動脈疾患と呼ばれています。
    末梢血管障害がある人は、心臓発作や脳梗塞で死亡する可能性が2~6倍高くなります。
    アメリカでは末梢血管障害と糖尿病が下肢の切断の主な原因です。
    末梢血管障害は生活習慣を変えたり、薬を飲んだり、必要によっては手術によって治療することができます。末梢血管障害がある人は心臓発作や脳梗塞のリスクが高いので、循環器系の病気のリスク管理が必要です。

     

    97
    創傷ケアケーススタディ 2
    患者病歴: 70歳男性、脳梗塞の為、半年間寝たきり状態、重度の2型糖尿病を20年間。
    左足、踵後方部の褥瘡3ヶ月以上。
    内科専門医から「ABIは0.95で血流チェックも済ませました。明日の朝、オペ室
    でデブリードメントをお願いします。」との依頼。
    感染 : なし。悪臭なし。ドレナージなし。
    創傷 : 左踵部: 黒色の乾燥した痂皮。
    オペ前 オペ後 オペ後3日目
    足創傷治療法 :
    オペ室内での外科的デブリードメントを実施、踵骨後方の骨膜も削って培養へ出した。この時点では骨膜も硬く、感染はない様子であった。
    シルバーガーゼ(Acticort)とハイドロサイト(Allevyn, 両方ともスミス・アンド・ネフュー製品)で無菌・湿潤環境を保ち、このドレッシングを3日ごとに交換した。
    オペ2週間後:
    治癒傾向だったものの、黒い壊死部が現れる。この時点でエキシマーレーザーPTAのできる病院への転院し、
    血管外科へコンサル。 重度虚血下肢との判断で、レーザーPTAで血流再建オペを施行し、創傷部SPPも50まで上昇、後日完治した。
    オペ2週間後 2週間後 レーザーオペ前

    課題:
    このケースでの失敗は、自身による血流のアセスメント(SPP, TcPO2など)を怠り、内科専門医の「ABIが0.95だからOK」というアセスメントを信頼したことにある。
    長期の糖尿病患者は特に動脈硬化と石灰化が顕著で、普通のレントゲンに足の血管が見える事もよくある。
    基本的に、
    糖尿病患者のABIは信頼してはいけない。
    特に0.9や1.0以上あっても、血流が十分ある、と安心しないように心がける必要がある。

    【潰瘍,足,傷】【動脈硬化】【足,静脈】【糖尿病,腐る】
    【床ずれ】【壊死】【足,傷】【潰瘍,足】

    横浜総合病院日本赤十字社医療センター・ 洛和会ヘルスケアシステム・ 庄内余目病院・ 八尾徳洲会総合病院・ 図南病院・ 鹿児島徳州会病院・ 熊本機能病院・ 仙台病院・ 大垣市民病院・ 大分岡病院・ 土谷総合病院・ 岩切病院・ 鶴巻温泉病院・ 原土井病院・ 北海道循環器病院・ 心臓病センター榊原病院・ 東葛クリニック病院

ページのトップへ戻る